おいしい青汁が生まれたワケ

便利に続けやすい青汁というと、最近では水に溶かして飲む粉末のものがメジャーのようですね。
青汁は不味いものという固定観念は、幅広く根付いていますから、飲みやすくするのは身体に良い青汁を広めるためにも必須なのでしょう。

 

この青汁がまずいと言う固定観念は、昔のテレビで罰ゲームに青汁を飲ませていたことが一因にあるようですね。
罰ゲームを受けるタレントの方も、大げさに不味がりますから、テレビが生活に染み付いていた時代にマイナスイメージを広めるには十分すぎる効果があったのでしょう。

 

テレビの方も、番組を面白くするためにやっていただけであって、悪気はなかったのでしょう。
罰ゲームとしても、体に傷をつけるようなものではないぶん、悪くは無いと思います。

 

確かに、当時の青汁は飲みにくいものが多かったのでしょうが、最近では飲みやすいと謳っているものに外れの青汁は無く、飲みやすいものばかりです。
そう考えると、昔のテレビの罰ゲームが、現在の飲みやすい青汁を生み出したのかもしれません。
こうやって飲みやすく工夫してまで飲むべきであると、今までその健康への効果は広く知られてきていることも、テレビで放映されたせいかもしれませんね。

 

健康に関するおススメサイト

日本健康・栄養食品協会
健康食品に関するさまざまな情報が満載です。

 

青汁の効果
青汁の効果や種類を徹底的に比較解説。青汁選びはこのサイトから!

 

コラーゲンドリンクのおすすめ
おすすめのコラーゲン商品が人気の理由や効能を詳しくレビュー!ユーザーから支持されているアイテムだけを厳選して掲載しています。